他に機器を用意する必要なく手軽

写真をデータで残す場合、手軽なのは、パソコンに直接保存する方法です。大抵のパソコンはUSB接続が可能で、SDカードの差し込み口も付いています。そのため、スマートフォンやデジタルカメラで撮影した写真を、そのまま送ることができます。また、USBメモリやクラウドを使用して、別の端末から写真を持って来ることも可能です。

そして、パソコンに写真を保存する場合、管理が非常に楽です。どのような写真なのかをサムネイルで把握できるため、一枚一枚確認する手間が省けます。また、フォルダ分けや日付ごとの並べ替えなど、管理がしやすい機能が数多く搭載されています。データのやり取りは、あくまでも内蔵されているSSDやHDDとの間で行うため、コピーしたりフォルダ移動したりする際も、時間が短く済みます。したがって、効率的な写真管理をしたい場合に適しています。

写真のバックアップは必須

パソコンに写真を保存する場合、バックアップのことを考えなければなりません。パソコンは基本的に消耗品で、数年が経過すると故障するリスクが高くなります。また、セキュリティソフトを入れていても、ウイルスの攻撃を受けて、内部のデータが破損する恐れもあります。そのようなトラブルによってパソコンが壊れてしまうと、中に入っている写真も損なわれてしまいます。

したがって、万が一故障したとしても、大切な写真を手元に残しておけるよう、バックアップが必要です。基本的には、外付けのHDDを使用するのが良いでしょう。サイズが小さく持ち運びができる上に、大量の写真を保存しておけます。また、クラウド上にバックアップを残しておくという手もあります。