パソコンの空き容量が少ないなら

写真は、データで保存する時代ですが、普段使っているパソコンに保存している人も多いのではないでしょうか。パソコンに保存しておくと、写真の加工もしやすく、ネットプリントなども手軽に注文できるなど多くのメリットがあります。とはいえ、写真も増えてくるとパソコンの空き容量の不足にもつながります。そして、空き容量が少ないままパソコンを使い続けると動作が遅くなるなどの問題も出てきます。それに、もしもパソコンが壊れてしまうと、膨大な写真のデータも一瞬で失われる可能性もあります。パソコンのハードディスクだけで保管するのは不安を感じる人は、外付けSSD/HDDに保存することも考えてみてはいかがでしょうか。最近の外付けSSD/HDDはUSBで手軽に接続できるものも多くなっています。

外付けHDDに保存する方法を知る

写真データを外付けSSD/HDDに保存しておけば、パソコンの空き容量も増えるので動作も安定しますし、故障したときに写真が消えてしまうリスクも防ぐことができます。実際にどのように外付けHDDにパソコンの写真を保存するのか、その方法も知っておきたいところです。まずは、外付HDDをパソコンに接続します。その後はコンピュータの外付けHDDのドライブを開き、フォルダを作成します。その後はパソコンの画像が保存されているフォルダを外付けHDDにコピーしていきます。コピーできたことを確認できてから、パソコン内の画像を削除するようにしましょう。外付けSSD/HDDに保存しておけば、パソコンを買い替えたときもスムーズにデータを移行できるようになります。